関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
サッカー部紹介
最新試合〔公式戦〕結果
6月23日(日)
高円宮杯u-18サッカーリーグ2019osaka1部(後期)
第10節
関大北陽 清風
1
0前半1
1後半1
2
宮本
得点者  


サッカー部の取り組み
応援サイトへ


 関西大学北陽高校は大阪府の東淀川区上新庄に所在し、学校法人「関西大学」を母体とする学校です。
2008年に「学校法人福武学園 北陽高等学校」から「学校法人関西大学 関西大学北陽高等学校」に校名を改称し、シナジー効果を起こし進化しています。コースは、特進コース・文理コース・スポーツコースの3コースから編成されており、それぞれに特色のある学習活動を展開しています。近くには淀川(一級河川)が流れており、大海原へ飛び出していく川の流れはサッカー部と類似するものがあります。
サッカー部は1926年に創部し、全国大会へ34回(全国制覇2回)の出場を果たしています。
チームコンセプトは『全員サッカー』です。選手・スタッフのみならず、私たちを支えてくださっているすべての人たちが一つになり、「日本一」という目標に向かって一致団結して取り組んでいます。また、サッカー部での活動を通して人間力を向上させ、次のステージで活躍できる人材を輩出することを活動理念としています。詳しくはサッカー部の取り組みをご覧ください。

 関西大学の併設校としてのメリットを生かし、関西大学千里山キャンパス(人工芝サッカー場2面)を利用してトレーニングをしています。また、関西大学サッカー部と合同練習を行ったり、学生コーチによる指導も行ったりしています。

北陽高校からの長い歴史と伝統を継承し、さらに進化した強いチームをめざしています。


フクロウは古代ギリシャでは女神アテナの従者であり、「森の賢者」と称されるなど知恵の象徴とされ、ヨーロッパでは学問の神、英知の象徴とされています。ボールを挟んで向かい合う二羽のフクロウは、関西大学の賢者と北陽高校の賢者を示し、両者が協力して進むべき道へ導いてくれることを表します。 エンブレムの色、赤・白・緑はそれぞれ、赤=情熱、白=正義、緑=調和を意味しています。 エンブレムの上部にある2つの星は全国制覇の星であり、昭和48年全国高校サッカー選手権大会優勝と昭和53年全国高校総体優勝のものです。