関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
News
最新試合〔公式戦〕結果
2019年9月15日
令和元年度 大阪高校総合体育大会 兼 第98回全国高校サッカー選手権大阪大会
選手権大会予選4回戦
関大北陽 枚方
6
4 前半 0
2 後半 1
1
宮本
衣川
オウン
辻西
坪田
入柿
得点者  



サッカー部の取り組み
合同練習会
応援サイトへ

2019年9月16日(月曜日)
TM C VS三島 ●1-2
三島高校Gで三島高校とTM(30×2)を行いました。前半は無駄なタッチを減らしテンポよくボールを動かせる時間もありましたが、ゴールを決めることができず前半を0-0で折り返しました。後半はビルドアップ時のミスが絡み、46分と51分に失点をしてしまいました。その後CKから1点を返すも1-2で試合終了となりました。雰囲気は誰かがつくってくれるものではなく、自分たちでつくり出すものということを強く感じることができた試合となりました。この経験は試合のみでなく練習でも必ず活かしてほしいと思います。得点者:林

2019年9月15日(日曜日)
選手権大会4回戦 VS 枚方 〇6-1
J-GREEN堺で選手権大会大阪予選の4回戦(40×2)を行いました。立ち上がりからダイナミックな攻撃ができ、前半を4-0で折り返しました。後半は、メンバーを代え更にギアを上げようとしましたが、決定機を何度も外してしまい結果は6-1でした。今日もJ-GREEN堺では、たくさんの北陽を応援してくださる方々から熱い声援をいただきました。ありがとうございました。次戦は、10月20日(日)13:10~S8ピッチで汎愛高校と試合です。応援よろしくお願いいたします。得点者:宮本 衣川 オウン 辻西 坪田 入柿

2019年9月8日(日曜日)
TM Cvs大体大浪商 ●1-4
大体大浪商高校Gで大阪体育大学浪商高校とTM(35×2)を行いました。前半2分、前線でのボールロストからすべての対応が後手となり、中央を完全に崩され先制点を奪われてしまいました。その後ミドルシュートとセットプレーから失点を重ねてしまい、前半を0-3で折り返しました。後半は相手陣地での時間が多くなりましたが、得点に結びつけることはできず逆にセットプレーから失点。60分にショートカウンターから得点を奪うも1-4で試合終了となりました。得点者:杉山

2019年9月7日(土曜日)
1部L⑱ A VS 大産大附属 △1-1
大阪サッカー協会万博グラウンドで1部リーグの最終節(45×2)を行いました。勝って残留に望みをつなげたいゲームでしたが勝つことができず結果は1-1の引き分けでした。後期リーグは9試合中2勝2敗5引き分けと負けなくなりましたが、勝ち切ることもできず・・・。その結果、前期リーグの負けを取り戻すことができず、来季は2部リーグに降格する形となりました。この悔しさを忘れずに、2年生・1年生には必ず1年で1部リーグに戻してほしいと思います 得点者:坪田

2019年9月1日(日曜日)
コリアジャパン⑨ 1年生 VS賢明学院 △1-1
賢明学院高校のグラウンドで賢明学院高校とコリアジャパンの試合(40×2)を行いました。前半の立ち上がりは自陣に入り込まれる展開が多くなりましたが、徐々に守備からリズムを取り戻すことができました。29分に右サイドから左サイドまでテンポよく展開し、最後はゴールに流し込むことができ、前半を1-0で折り返しました。後半は相手の変化にうまく対応できず、守備の時間が多くなりました。69分に中盤でのボールの失い方が悪くショートカウンターから失点をしてしまい、試合を1-1で終えました。課題は試合を最後まで強度の高い状態でおこなうことと、相手の状況などを見てチームで戦い方を統一させることだと感じました。得点者:鹿谷

2019年8月31日(土曜日)
1部L⑰ A VS 関大一 ●0-1
履正社茨木グラウンドで関大一高校と1部リーグの試合(45×2)を行いました。立ち上がりから良い守備で数的優位を作り、リズムができていたのですが、ワンチャンスで相手にゴールを決められてしまい0-1で前半を折り返しました。後半は何度かチャンスを作り出しますが得点することはできず結果は0-1でした。1年間続いたリーグ戦も次週が最終試合となります。悔しい思いをたくさんしてきましたが、倒れても諦めることなく立ち向かった勇気を最後に爆発させてもらいたいと思います。


1 / 13712345...102030...最後 »