関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
チーム紹介
最新試合〔公式戦〕結果
12月4日(日)
高円宮杯u-18サッカーリーグ2022-osaka2部(後期)
第17節
関大北陽 東大阪柏原
1
1前半0
0後半0
0
田中(慎)
得点者  



合同練習会

サッカー部の取り組み
応援サイトへ サッカー部OBの皆様へ サッカー部OBの皆様へ

卒業生
中池 匠

令和2年度卒 中池 匠(ガンバ大阪ジュニアユース出身)

スポーツコース⇒関西大学へ進学

私は、サッカーに専念したい気持ちが強く、スポーツコースに進学しました。スポーツコースでは、恵まれた施設や先生方、競い合う仲間たちが周りにいて、毎日がとても刺激的でした。文武両道を目指し、取り組んだ高校生活はとても良い思い出です。
サッカー部では3年間で人間力や精神力・創造力・解決力など様々な部分を成長させてもらいました。これらはきっと社会に出て役立つ力だと思います。
勉強面では日々の授業を大切にしていき、テスト前に焦らずに勉強に取り組むことを意識していました。そのおかげで成績も上位をキープでき、関西大学へ進学することができました。これから先、北陽高校で学んだモノを大切に、自分の夢に向かって進んでいきます。



藤村 翼

令和元年度卒 藤村 翼(FC平野出身)

スポーツコース⇒関西大学へ進学

私は高校生活をサッカー中心とし、将来はスポーツに携わる職に就きたいと考えていたためスポーツコースを選択しました。スポーツコースでは、スポーツに関わる身体の仕組みなどを学ぶことができ、身体作りをする上で必要な知識が得られました。チームでは副主将を務め、3年次にはインターハイ大阪予選で優勝し全国高校総合体育大会(全国大会)に出場することができました。全国大会では2回戦で敗れてしまいましたが、チームのコンセプトである「全員サッカー」を体現し、日本一を目指した日々は私の宝物です。
勉強に関しては、強度の高い練習が終わった後、自宅で少しでも机に向かう習慣を身に付けた結果、スポーツコースの内部進学枠を利用し、関西大学の人間健康学部に進学することができました。
現在は、体育教員になる夢を実現するために勉学に励んでいます。



鈴木 海新

H31年度卒 鈴木 海新(パスィーノ伊丹出身)

文理コース⇒関西大学へ進学

私は、勉強とクラブ活動の両立を考え文理コースに進学しました。関大北陽高校サッカー部は、3年間文武両道に取り組める素晴らしい環境が整っていました。サッカー部では、主将として日々当たり前のことを当たり前に取り組むこと、目標から逆算し、常に考え動くことを意識してきました。目標の日本一は叶いませんでしたが、最高の仲間たちと出会い、時にはぶつかり合いながらも目標に向かって共に頑張ってきた3年間は、私にとって大きな財産となりました。 卒業後は内部進学枠から関西大学に進学し、いろいろなことにチャレンジしています。サッカーからは離れていますが、どの場面でも高校時の経験が活かされています。これからも、高校3年間で作り上げた自分の土台を信じて、社会に出ても活躍できる人になります。



宮澤秀斗

H31年度卒 宮澤秀斗(センアーノ神戸U-15出身)

スポーツコース⇒関西大学へ進学

私は、色々なスポーツで高みを目指すクラスメートが集まるスポーツコースを選択しました。種目の違う仲間たちから、目標設定、身体のケア、食事面などで多くの刺激を受けました。また、仲間たちと日常に高い意識を持ち、切磋琢磨し合える状況の中に身をおけたのは自分を成長させる素晴らしい経験となりました。
スポーツに重きを置いていた高校3年間ですが、文武両道を考えている仲間も沢山いて、私自身も1年生の頃から勉強面でも努力を続けていました。そのおかげもあってか、内部推薦で関西大学へ進学することができました。 現在は大学生として、高校生活同様にとにかく楽しんで日々を送っています。将来は社会で活躍するため、そして色々な価値観を感じるため、海外留学などにもチャレンジしていきます。



高野 亮太

H27年度卒 高野 亮太(ヴィッセル神戸出身)

スポーツコース⇒関西大学へ進学

私は、様々な種目のトップアスリートが集うスポーツコースを選択しました。クラスには日本一を目指すメンバーがたくさんおり、食事方法やメンタルトレーニング、身体の使い方など同級生から学ぶことがたくさんありました。種目は違いますが、お互いに刺激を受けあい皆で共に成長した3年間だったように思います。私は、3年間サッカー一筋で一生懸命練習や試合に取り組みましたが、勉強も手を抜くことなくやってきました。そのため、今年度からスポーツコースに新しく設けられた関西大学への内部進学枠を使って関西大学の人間健康学部に進学することができました。現在は関西大学体育会サッカー部に所属し、高校では達成できなかった日本一を目標に頑張っています。



池内 拓朗

H24年度卒 池内 拓朗(ヴィトーリア松原FC出身)

スポーツコース⇒関西大学へ進学

私はサッカーを中心に高校生活を送りたいと考え、スポーツコースに進学しまし た。スポーツコースは、他クラブでも全国で活躍する選手たちがいて、とても刺 激を受けました。
北陽サッカー部では、オンザピッチだけでなく、オフザピッチでも様々なことを 学び、充実した3年間を過ごすことができました。また、関西大学(千里山キャン パス)でトレーニングをさせてもらうことが多く、大学生と接していくうちに関 西大学のサッカー部の選手たちが私の目標となりました。合同練習をする中で、 関西大学サッカー部監督に認めてもらい、スポーツ推薦で関西大学に入学するこ とができました。
現在は目標であった先輩たちと一緒にプレーする喜びを感じながら、チームの一 員として日本一を目指して頑張っています!



今東 翼

H24年度卒 今東 翼(東淀川FC出身)

スポーツコース⇒大阪体育大学大学へ進学

私はスポーツを色々な角度から勉強したいと思い、スポーツコースを選びました。
チームでは、主将としてどんなに辛いことがあっても顔や態度に出さないように心がけてチームを引っ張ってきました。チームコンセプトである「全員サッカー」を胸に、みんなで全国優勝を目標に取り組みましたが、選手権大会では大阪ベスト8で敗退してしまいました。支えてくださったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。
体育科教員となることが私の夢であり、大阪体育大学に進学しました。その夢を実現させるためにこれから一生懸命頑張ります。



大澤 裕樹

H23年度卒 大澤 裕樹(東淀川FC出身)

文理コース⇒関西大学へ進学

私はサッカー推薦で関大連携コースへ入学しました。 文武両道を目指しサッカー面では全国大会出場を、学習面では関西大学への進学を目標にしていました。
サッカーでの目標は果たせませんでしたが、一年生から試合に出場させてもらっ たり、副主将を務めさせてもらったりと様々な経験を通して成長することができ ました。
学習面では、日々の努力を怠らず、先生方からのサポートも受けながら関西大学へ内部進学することができました。 関西大学へ進学し、将来の夢である指導者を目指し、サッカーの知識や自分自身 の幅を広げるために体育会サッカー部に入部しました。レベルの高いチームで北 陽サッカー部出身としての誇りを胸に闘っています。 現在、チームでは美しいサッカーで日本一を目指して日々頑張っています。



菅沼 繁紀

H22年度卒 菅沼 繁紀(セレッソ西出身)

スポーツコース⇒関西学院大学へ進学

私は高校三年時、サッカー部主将として全国大会出場を目標に取り組んでいまし た。北陽高校は先輩と後輩の仲が良く、サッカーに取り組む環境がとても整って いる学校だと感じました。仲間と共に過ごした時間は私にとって最高の宝物です。 大学では、高校での経験を活かし多くの友人と出会い、サッカーサークルそして 新しい学びとキャンパス生活を満喫し様々な可能性に挑戦しています。そして、その中から得るものや時間を有意義に活用して、自分の能力を磨き社会のために どのように生きていくか模索しています。



サッカー部の主な進学先
関西大 ・関西学院大 ・近畿大
・京都産業大 ・大阪経済大 ・追手門学院大
・大阪体育大 ・びわこ成蹊スポーツ大 ・大阪産業大
・神戸学院大 ・神戸国際大など