関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
News
最新試合〔公式戦〕結果
2018年11月4日
平成30年度 大阪高校総合体育大会 兼 第97回全国高校サッカー選手権大阪大会
選手権大会予選7回戦
関大北陽 大阪学院
0
0 前半 2
0 後半 0
2



サッカー部の取り組み
合同練習会
応援サイトへ

2018年11月4日(日曜日)
選手権大会準々決勝 VS大阪学院大学高校 ●0-2
鶴見緑地球技場で選手権大会の準々決勝を行いました。対戦相手は、大阪学院高校でした。立ち上がり2分にCKから失点してしまい苦しい立ち上がりとなりました。その後は、バタバタした状態が続きましたが、試合中盤から落ち着きを取り戻しチャンスを作り出しました。しかし、38分に相手の前線からの守備でボールを失い失点。勢いを出せないまま0-2で後半に入りました。後半は、お互いに縦に速い攻撃となりチャンスをうかがいましたが、得点することができず結果は0-2におわりました。今年の3年生は、関大北陽の歴史を塗り替え、たくさんのモノを後輩たちに残してくれました。ひたむきに取り組んだ3年生の背中を見て、1.2年生はたくさんの事を学びました。そのことを糧にして、是非とも先輩たちを超えてもらいたいと思います。またスタンドには、本日もたくさんの関大北陽サッカー部を応援してくださる方々に集まっていただきました。本当にありがとうございました。3年生の先輩たちが叶えられなかった日本一への挑戦はまだまだ続きます!これからも関大北陽サッカー部の応援をよろしくお願いします。

2018年10月28日(日曜日)
選手権大会6回戦 VS大商大高校 〇3-0
J-GREEN堺で選手権大会の6回戦(40×2)を行いました。前半はセットプレーなどからビッグチャンスを作るも得点を取ることができずスコアレスで後半に入りました。後半は、55分にアーリークロスから得点(今井)し、68分にはテンポの良い打開から追加点(松岡)を取りました。終了間際の80分にはFKから直接ゴール(西川)により結果は3-0で勝ちベスト8に進出しました。次回11月4日(日)鶴見緑地球技場11:00~VS大阪学院の試合は有料試合(当日券:1000円)となります。関大北陽の応援の方々は入口付近にブースを設けてチケットを300円で販売します。赤いグッズを身に着け応援よろしくお願いいたします。

2018年10月21日(日曜日)
選手権大会5回戦 VSヌヴェール学院 〇2-0
J-GREEN堺で選手権大会の5回戦を行いました。初戦ということもあり少し硬さが見られる立ち上がりとなりました。10分までにビッグチャンスが2回訪れますが決めることができず、31分にCKの折り返しを押し込み先制点を奪いました。前半を1-0で終え、後半に入りました。後半は更にギアを上げて攻撃に行きました。65分に中央の打開で追加点を取り2-0で試合を終えました。大阪の頂上に到達するまでにはあと4試合です。一つ一つ全員の力で勝ち上がって行きましょう‼得点者:辻西 真鍋

2018年10月14日(日曜日)
AチームTM VS 草津東 〇3-2
関大北陽高校のグラウンドで草津東高校とTM(40×2)を行いました。草津東高校は2018年インターハイ滋賀県代表として共に三重のインターハイ本大会へ出場したチームです。立ち上がりから良いリズムでサッカーをすることができ、13分と29分に点を取ることができました。後半は48分にスピードで突破され失点をするも50分にはサイド攻撃から再びリードの3点目を取りました。63分にいらない失点をしてしまい結果は3-2で勝ちました。後半のサッカーを見直し無失点にこだわる試合にしていきます。いよいよ来週から選手権大会が始まります。たくさんの応援よろしくお願い致します。得点者:真鍋×2 松岡

Bチーム TM VS三島 △1-1
三島高校のグラウンドで三島高校と練習試合(40×2)を行いました。選手たちは新しい戦術に意欲的に取り組みましたが、上手くいかず、前半の立ち上がりの時間帯に失点してしまいました。後半は、戦術の浸透が進み相手陣地でプレーする時間が増えました。しかし、最後のワンプレーやチャンスをつくりだすパスに精度を欠いて1点しか奪えず、1-1で試合を終えました。試合での課題を練習で改善していきたいと思います。

KJ1年生大会 決勝トーナメント1回戦 VS神戸弘陵 ●0-2
コリアジャパン決勝トーナメント1回戦(40×2)を神戸弘陵高校と神戸弘陵高校Gで行いました。前半立ち上がりに相手のサイド攻撃に対応しきれず失点。その後は相手ゴールに迫り多くのシュートを打つも得点を奪うことができずに前半を0-1で折り返しました。後半の立ち上がりにも相手にミドルシュートを決められてしまい0-2と苦しい展開になってしまいました。その後はボールを保持するも相手の守備を崩すことはできず0-2で試合終了。課題は大事な時間帯に失点をしてしまったこと、ゴール前の質、精度が攻守ともに低かったこと。このコリアジャパン1年生大会を通して多くのチームと試合をさせていただき、通用した部分や通用しなかった部分、チームとしての戦い方など、感じたことが多くありました。今後、この敗戦の悔しさや試合で感じたことをチーム、個人の成長に繋げていきたいと思います。毎試合、試合会場まで足を運び応援をしてくださり本当にありがとうございました。


1 / 12012345...102030...最後 »