関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
最新試合〔公式戦〕結果
2月16日(土)
高円宮杯u-18サッカーリーグ2019osaka1部(前期)
第4節
関大北陽 履正社
 前半 
 後半 



合同練習会

サッカー部の取り組み
応援サイトへ サッカー部OBの皆様へ

2019年2月11日(月曜日)
TM A VS 都市大塩尻(長野県) ○3-0
関大北陽高校のグラウンドで都市大塩尻高校とTM(40×2)を行いました。立ち上がりは相手のハイプレスに苦しみましたが、次第にペースを掴みボールを握る時間が増えていきました。35分に先制点を取り1-0で前半を折り返すと、59分と77分にも得点を取り結果は3-0で勝ちました。無失点にこだわったゲームだったので目標が達成できて良かったです。また、U-18リーグなどの公式戦では、勝ちたいという気持ちが前に行きすぎて冷静さを欠いてしまいますが、今日のように落ち着いてゲームを進めれば公式戦でも十分にやれる!と感じたゲームでした。得点者:河岡×2 母倉

2019年2月3日(日曜日)
1部L③ A VS 大阪学院 ●1-2
J-GREEN堺で1部リーグの試合(45×2)を行いました。対戦相手は大阪学院高校でした。前半はお互いに決定機を与えない中、球際の激しい流れが続きスコアレスで折り返しました。後半に入り、60分にビルドアップを引っかけられ失点するも77分にPKから同点に追いつきました。その直後、理解できないレッドカードが関大北陽に出され、緊張感のあったゲームが壊れてしまいました…。全体のバランスが崩れ1人多い相手の攻撃を我慢することができず、82分に1点を失い、結果は1-2でした。レフリーをリスペクトし、判定に文句は言いたくありませんが、1枚のカードがゲームを左右した悔しい試合でした。得点者:玉城

2部L③ B VS 初芝立命館 ●2-3
履正社茨木Gで初芝立命館高校と2部リーグ第3節の試合(45×2)を行いました。前半、ゴール前でのFKを直接決めて先制点を奪いました。しかし34分に課題であったセットプレー(CK)から失点をしてしまい、1-1で前半を折り返しました。後半、立ち上がりにCKから勝ち越しましたが、その直後の51分と63分に得点を奪われ、逆転を許してしまいました。試合の終盤は相手ゴール前まで迫る回数は増えましたが追いつくことができず、2-3で試合終了となりました。前節の試合の課題が改善されず、同じような形・状況からの失点が続いているので、しっかりと課題に向き合って修正・改善をしていきます。得点者:梶丸 鈴木

2019年1月27日(日曜日)
TM A VS 京都サンガユース △2-2
城陽サンガタウンで京都パープルサンガとTM(40×3)を行いました。結果は1本目0-1 2本目1-1 3本目1-0でした。今日の試合は、守備ブロックを形成しショートカウンターでチャンスを作る形となりました。守備のやり方にはまだまだ改善しなければいけない所があり、攻撃面でもボールの持ち方や打開の仕方で学ぶ所が多々ありました。日頃の練習で更に強度を上げる必要があると感じた試合でした。得点者:母倉 坪田

2部L② B VS 清明学院 △2-2
履正社茨木Gで清明学院高校と2部リーグ第2節の試合(45×2)を行いました。前半立ち上がりはなかなかゲームを支配することはできませんでしたが、17分にCKから先制点を奪いました。その後はボールを保持しますが追加点を奪うことができず、前半を1-0で折り返しました。後半キックオフから相手の勢いに押し込まれ2分,4分と立て続けにセットプレーから失点。32分にPKを決め追いつきましたが、2-2で試合終了となりました。改めて試合の立ち上がりとセットプレーの重要性を感じた試合となりました。3節では勝ち点3を獲得するために、TRの質を高めていい準備をしていきたいと思います。得点者:井上 宮本

2019年1月26日(土曜日)
1部L② A VS 桃山学院 ●1-2
J-GREEN堺で1部リーグ第2節の試合(45×2)を行いました。今日のゲームは蹴ったボールが戻ってくるほどの強風で思うようにゲームを進めることができませんでした。そんな中、10分に一瞬のスキをつかれ、失点をしてしまい0-1で前半を折り返しました。後半はチャンスを多く作りますが、なかなか得点することができず、逆にカウンターを受けて失点してしまいました。最後に1点を取り返しましたが結果は1-2の敗戦となりました。今日の敗戦をしっかり反省し、連敗しないように次戦に向けて準備を進めます。得点者:辻西